日本酒の製造工程で生まれる『酒粕』が持つ驚きの効能を紹介

近年、酒粕ブームが起きていますよね。
甘酒を作る材料としてなら知っている方も多いのではないでしょうか。

なんとなく栄養があるということは分かりますが、どんな効能があるのか、そもそも何から出来ているのかいまいち詳しくは分かりませんよね。

でも酒粕は、「粕」なんて字が付いているのが勿体無いくらいのスーパーフードなんですよ。

酒粕とは日本酒をつくる際に生まれる副産物

酒粕とは、日本酒を作る過程の中で出来る「もろみ」から清酒を絞った後に残る固形物のことです。
また、もろみは、麹・水・蒸米を酒母と一緒に混ぜ発酵させたものです。

酒粕の栄養素と効能

その名前の通り、酒粕はもろみから圧搾という作業で発生した清酒の残りかすなワケなのですが、栄養や効能を見るとむしろ「天は二物を与えた」と言っても過言ではないくらいです。
酒粕がもたらしてくれる効能の一部をご紹介していきますね。

美肌効果

酒蔵の職人さんの手が綺麗だとよく言われますが、それは清酒を作るもとである麹に含まれるコウジ酸やアルブスチン、セラミドなどの美肌に効果のある成分が多く含まれているからなんです!

コウジ酸は、シミやソバカスなどの原因になるメラニン色素の働きを抑制してくれます。
アルブスチンは、「ハイドロキノン誘導体」と言われますが、ハイドロキノンよりも肌に優しい美白成分です。

セラミドは、保湿効果が高く肌をもっちりとした感触に保ってくれます。

実際に酒粕を利用したスキンケア用品があるんですよ!

1つ目は、むくみや小顔効果のあるリフトアップに酒粕エキスを配合して「美白、保湿、アンチエイジング」効果が高いとも言われてるBanduR LIFT Pro
これのおかげで、飲み会とかでお酒とか塩っ辛いものをたくさん食べて飲んだ、次の日の顔のむくみから解放されました。笑

正直リフトアップ系の商品は信じてなくて初めて買ったんですよね。スキンケアのついでにむくみとか小顔効果もあるってお得じゃん!っていうよこしまな考えから試してみたんですけど……それが想像以上に効果があってびっくり!画像がなくて証拠が見せられないのが申し訳ないんですけど、私のお墨付きです!

お顔のむくみとか小顔にしたいって思っている方!ぜひおすすめですー!

2つ目は、酒粕エキスを配合したスキンケアを販売してる商品【yuiki ホットスクラブクレンジングジェル】です。

これもリフトアップを使ってから試しました!酒粕エキスがあればいいやつっていう考えがあったから即買いしました!笑
案の定、いいですよね。クレンジングジェルだから汚れを落としながらもきちんと保湿してくれるから、お顔がパサつかなくてダメージが少ないのがわかる感じです!

これ以上何も言いません。笑
ぜひお試しあれ!

アレルギー改善

長く摂取を続けることで、酒粕に含まれる物質が、アレルギー症状を引き起こすカテプシンBという酵素の働きを抑えてくれる効果が期待できます!

花粉症や猫アレルギーなどに悩まされている方には、吉報なのではないでしょうか。
もちろん、病院から処方される薬より即効性は無いですが、長く食べ続けて症状が軽くなったというケースもあるので、ぜひ日常に取り入れてみてください。

ガンの予防

酒粕には、ガン予防に効果がある物質が含まれています。
免疫力を高めるナチュラルキラー細胞を活性化する働きもありますので、日々の仕事で疲労が溜まっている方には実は酒粕がおすすめなんです。

身体が疲れていると免疫力の低下と比例してナチュラルキラー細胞の働きも鈍ってしまうので、ぜひ疲れているなぁと感じた時には摂取してみて欲しいです。

酒粕の種類

酒粕といえば、まず最初に思い浮かぶのはあの四角の形状ですよね。
でも、実は何種類かあるんです。

板粕

スーパーなどで見かけるのはこの板粕ですよね。
圧搾機で清酒を絞った後に残ったものが板粕となります。
使う用途に従い、水で柔らかくしたりして使います。

ばら粕

圧搾の過程で途中で溢れたもの、板粕として固まらなかったものがばら粕となります。
板粕よりも柔らかいのが特徴ですが、品質は板粕と変わりません。

練り粕

野菜を漬けたり、漬け魚を作ったりする時に多く使われるのがこの練り粕です。

酒粕を練り合わせ、ペースト状にしたものになります。
また、練り粕は液体に溶かしやすいので酒粕汁を作る時にもおすすめですよ。

踏込粕(土用粕)

酒粕を半年前後熟成させたものとなります。
見た目は、茶色~黄金色です。

熟成されたことによる甘みと濃厚なコクがあり、奈良漬など漬物用としてよく使われます。