【要確認!】お酒の買取業者に断られる買取不可なお酒の特徴

要らないお酒を現金化出来る酒買取サービス。
私も利用し、便利さを知ってしまった一人です。でも、「家にあるお酒だったら何でも買い取ってもらえるのか?」と少し疑問に思いますよね。

たとえ高級銘柄でも、古かったり状態が悪かったりしても高額買取してもらえるのでしょうか。
今回は、買取業者さんに買取を断られてしまうケースについて調べた結果をご紹介します。

買取ができないお酒の特徴

お酒には、どんなに高級なお酒でもやはり査定不可になってしまうラインは存在します。
口に入れるものなので、買い取る上でも様々な配慮が必要なのです。

では、どんなお酒が買取不可になってしまうか見ていきましょう。

①開封済み

お酒は、開封する前と開封した後で全く価値が違ってくるものです。

どんな高級なお酒でも、開封してしまうとその価値が大幅に下がってしまいます。
というか、全く無くなると言ってしまっても過言ではありません。

理由は至極簡単で、衛生面で影響があるというのが大きな理由です。
味が急速に落ちるということもありますが、誰だって他の人が手をつけたお酒を飲みたくないですよね。

たとえ中身を確かめたいという些細な理由でも、すぐに飲まずに売る可能性があるお酒は開封しないようにしましょう。

②割れている・ヒビが入っている

お酒を査定してもらう際は、その瓶の状態なども査定対象となります。
瓶に傷が無いか、またはラベルに汚れが無いかなどが業者さんに見られるポイントです。

特にウイスキーやブランデーなどの洋酒は、ボトルがバカラ製だったり替栓がクリスタルだったり凝っているものが多いので、そういったコレクション性が高い銘柄は外見の状態によっても査定額が大きく変わります。

また、前項にて「開封されているお酒は買取不可になってしまう」と述べましたが、空ボトルでも買取してもらえるケースが存在します。

それは、コレクターからの人気が高い希少で高価なお酒で、ヒビなどが入っていない状態良好なボトルです。
そのくらいお酒の瓶は重要なので、日頃からお酒は丁寧に扱うことを心がけましょう。

③賞味期限が近すぎる・切れている

コンビニなどで賞味期限が切れたお弁当は廃棄されるように、同じくお酒も賞味期限が近かったり切れているものは売り物になりません。
そのため、査定に出しても買取不可になってしまいます。

特に、ビールや日本酒はその性質上、売ることができるのは製造半年以内に限る、と決められている場合が多いので、酒買取を利用する前に必ずチェックしましょう。

④安価すぎるお酒

手軽にスーパーやコンビニで買える缶チューハイや、市販のお手頃プライスなリキュールなどは、買取不可になってしまうことがあります。
・・・というのも、買い取ったとしても微々たる査定額にしかならないためです。

業者さん側でも少しでも高額買取できるように努力してはくれますが、経費など考慮した上で査定をしなければいけませんので、安価で購入したお酒はなるべくお家で消費するようにしましょう。

⑤液面低下している

たとえ未開封でも、お酒は栓と瓶の間から少しずつ蒸発してしまい、その分お酒が目減りします。
これが、「液面低下」という現象です。

古いお酒であればあるほど顕著に現れ、あまりにも液面低下が激しいお酒は買取不可になってしまう可能性が高くなります。

しかし、液面低下が起きていても高級な銘柄であれば買取してもらえる場合もあるので、心配な方は諦める前に一度業者さんに直接見てもらうことをおすすめします。
または、LINE査定などで写真を送り、買取可能かどうか確かめましょう。

買取不可のお酒なのか迷ったら問い合わせしてみる

今回は、酒買取サービスにて買取不可になってしまうケースについて解説しました。
基本的には、自分がお酒を買い取る立場になって考えれば納得できることばかりですよね。

また、買取してもらえるか微妙なラインのお酒は、ぜひ諦めずに業者さんに相談してみてください。
買取業者側でも、なるべくお酒を買い取る努力をしてくれます。

ホームページで買取実績を載せている業者さんが多いので、もし迷ったら事前に下調べをして一番相談しやすそうな業者さんを選びましょう。