高額買取になる日本酒の銘柄は?お酒を少しでも高い金額で売る方法

日本酒って、一度ハマってしまうとなかなか抜け出せないですよね。
ウイスキーやワインなどの他のお酒を飲んでも、結局日本酒に戻ってきてしまいます。

私もその魅力にやられてしまった一人で、家にまだ開けていない日本酒が山ほどあるのに何かと理由をつけてお土産で買ってしまったり、夫と蔵元にまで足を伸ばして見学に行くほどです。

でも、最近は置く場所が無くなってきて真剣に悩んでいます。
二人がかりでも飲みきれず、いつ買ったものかも分からない銘柄が増えるばかりです。

そんな現状を打破すべく情報を集めた末、私が辿り着いたのが「酒買取サービス」という手段でした。
お酒をどうしても控えなければいけない人にもおすすめですよ。

高額買取が見込める日本酒の銘柄

近年、日本酒は国内だけではなく海外も巻き込んでのブームを起こしています。
その為、高額買取が望める日本酒の銘柄は多くありますが、今回はその中でから3つの銘柄をご紹介いたします。

獺祭

獺祭は、そこまで日本酒に詳しくないという人でも一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか。
山口県岩国市の旭酒造が製造販売を行っている銘柄で、純米大吟醸の仕込に特化しています。

そのため飲み口がフルーティーで、海外の方からも人気が高い逸品です。

獺祭の中でもシリーズ最高級の「磨き その先へ」は特に高価買取対象の銘柄として挙げられることが多く、付属品有り状態良好だと¥14,000から¥18,000前後での買取が相場でした。

十四代

十四代は、山形県村山市に蔵がある高木酒造が製造販売を行なっている銘柄です。

高木酒造は、公式ホームページなどが存在しないため、詳しい製法など謎に包まれた部分が多いのですが、それが逆にミステリアスで興味を惹きますよね。
シリーズを通してプレミアがついているものが多いので、高価買取が望めます。

特に、十四代の中でも最高峰ともいえる「龍泉」はお酒とは思えないような高額で取引されています。
なんと、平均でも¥200,000前後で買取価格が付いていました。

家に十四代が眠っているかもしれない人にとっては、夢が広がりますよね。

黒龍

黒龍は、福井県吉井群にある黒龍酒造が製造販売を行なっている銘柄です。

1800年代創業の歴史が古い蔵で、純米吟醸酒をいち早く商品化させて世の中に浸透させたということでも有名です。

そのため、吟醸系の銘柄を中心に取り扱っています。
その中でも、黒龍シリーズはバランスのとれた万人受けする華やかな味わいで、入手困難な銘柄が多くあります。

特に「石田屋」は定価以上で流通している場合がほとんどなので、酒買取でも高価で取引されており、平均が¥20,000前後です。

お酒を高い金額で売却する方法

いくら高級銘柄だとしても、全てが高く売れるわけではありません。
酒買取に出す以上、保存状態や付属品などで買取価格は大きく変わってきます。

下記からは、家で眠っているお酒をなるべく高く売るために必要なポイントをご紹介していきますね。
ぜひ参考にしてみてください。

ボトル等に付着している汚れを掃除する

まずは、もし自分が酒買取をする側だったらという目線で考えてみて、一番気になる箇所はやはり見た目ですよね。
特に、お酒は年月が経つと埃やカビなどがボトルに付着してしまいます。

床下収納など湿気が溜まりやすい場所に長い間保存していたという人は、一度確認してみてください。
また、「買ったけどやっぱり飲まなそうだな」と思ったら、長く放置しないで査定に出しましょう。

外見はもちろん、時間が経てば経つほど色味や匂いが変わり、買取額が下がってしまいます。

付属品が揃っているか確認

化粧箱が残っている場合は、なるべく箱に入れて査定に出してください。
あと、特にウイスキーやブランデーに多いのですが、化粧箱以外でも特製の替栓や台座などが付属していることもあります。

それらの有無で大きく査定額が変わってくるので、忘れずに持っていきましょう。

お酒の需要が高い時期に買取に出す

高級銘柄を家で見つけてもすぐ酒買取に出さず、時期を見極めるということ方法もあります。

例えば、お正月やお盆など日本特有の行事などでは、親戚同士で集まったりして日本酒を振る舞う機会が増える家庭も多くありますよね。

また、クリスマスやハロウィンなど海外起祥のイベントがある時期などは、シャンパンやワインなどの洋酒の需要が高まります。

買取サービスのキャンペーン中を狙う

酒買取専門店では、特定の銘柄を期間限定で強化買取している場合があります。

そのため、査定に出したいお店の情報は漏れなくキャッチアップ出来るようにしておきましょう。
SNSがあれば、ホームページよりも情報が豆なのでフォローするのがオススメです。

お酒は複数をまとめて売る

酒買取専門店では、複数のお酒をまとめて売ると買取額がアップするところもありますので、そういったお得な制度も是非活用しましょう。
また、業者側は査定ごとに人件費やガソリン代などのコストを考慮しなければいけません。

そのため、複数に分けるとそのコスト分金額的に損をしてしまいますよね。

でも、まとめて出せば掛かるコストも1回で済みます。
大変ではありますが、やはり断捨離はこの日にまとめてする!と決めてしまって一度に済ませる方がお得ですし、後々楽ですね。

注意:日本酒は買取対象外の業者もいる

先述通り、私は日本酒が大好きで家にも飲みきれないほどあるのですが、酒買取に出すとなると中には対象外の業者さんもいるので、注意しています。
日本酒を買取対象としていない場合について調べてみました。

保管が難しい

日本酒は、お酒の中でも特にデリケートで保管が難しいのです。
そう言われる理由として主に下記が挙げられます。

  • 保管場所に困る
  • 冷蔵での保管が必要
  • 温度変化に弱い

それなりの設備、掛けられるコストが無いと難しいのが分かります。

取り扱いに専門知識が必要

私も日本酒は大好きで、夫と蔵元見学に行ったり飲み比べなどしてきましたが、それでもまだまだ分からないことばかりです。

製造方法によって種類も複数ありますし、銘柄に関しては現在1万以上存在すると言われています。
それに、これからまたどんどん増えていくでしょう。

膨大な専門知識を有する人材を確保するのはなかなか難しいのだろうな、というのは日本酒をある程度嗜んでいると分かりますよね。

まとめ

今回、酒買取サービスについてご紹介いたしました。
私も夫と、そろそろ日本酒の収集は止めてたまに二人で飲みに行ったり、職場の友人とワイワイ飲むスタイルに変えようかと話し合っているところなので、利用を考えています。

掃除が大変そうですが、断捨離とお小遣い稼ぎができると思うと手が進みそうです。
皆さんも、もしこの記事を読んで興味が湧いたらぜひ利用してみてくださいね。