【明確な違いアリ!】どぶろく(濁酒)とにごり酒の違いについて
画像元:

画像引用元:https://rice-assoc.jp/eat-gohan/200-2019-04-25-14-54-33.html

どぶろくと聞くと、お酒好きの中でも玄人の方が好んで飲んでいるイメージありますよね。
ワインや日本酒とは違いメジャーではなく、居酒屋のメニューでもあまり推されているイメージはありません。

でも、特に日本酒好きならいつの間にか行き着いているのがどぶろくなんです。
名前だけなら男酒だなぁという印象ですが、バランスが取れた酸味と甘みは女性にもおすすめなんですよ。

どぶろく(濁酒)とは

では、そんなミステリアスなお酒「どぶろく」とは、一体どんなお酒なのでしょうか。
いつから歴史が始まったのかについても解説していきますね。

どぶろく(濁酒)はもろみ状態のお酒

見た目が似ていることから、どぶろく(濁酒)とにごり酒を混同して考えている方も少なくありません。

ここがちょっとだけややこしいのですが、ざっくりと言えばどぶろくは濾過をしておらず、にごり酒は濾過をしている清酒に分類されるという違いがあります。

日本酒の製造には、水・米麹・蒸米を発酵させた「もろみ」を圧搾機にかけて濾過し、清酒と酒粕と分離させる工程があるのですが、ここで濾過をしていないものをどぶろくと呼びます。

つまり、もろみの状態がどぶろくです。
分類としては雑酒となります。

味は、まるでヨーグルトのような酸味と甘味を持ちつつも、後味はキレのある口あたりです。
確かに甘いけど、それだけじゃないんですよ。

どぶろくは、普段辛口の日本酒を飲んでいる方に、ぜひ試しに飲んでもらいたいお酒です。

どぶろくの歴史は弥生時代から

現代ではあまりメジャーとはいえないどぶろくですが、その歴史の始まりはなんと弥生時代と言われています。

たまたま自然発生した説や、中国からの稲作伝来とともに伝えられたなど諸説ありますが、そんなに昔から親しまれていたとは驚きですよね。

昔から稲作のお祝いなどで振舞われたり、民家でも自家製のどぶろくを作られることが多く、それぞれの味をみんな楽しんでいたようです。

どぶろくの自家醸造は酒税法違反になる

昔はそれぞれの家庭で造られていたどぶろくですが、実は普通の人が無免許の状態でお酒を作ると酒税法違反となり、懲役または罰金が課せられる事態となってしまいます。

過去にお酒を自家醸造した人が起訴された…ということも実際にありますので、思い立っても実行しないようにしましょう。

にごり酒とは

どぶろくが濾過していないもろみ状態のお酒であるのに対し、にごり酒はもろみを粗ごしした日本酒です。
濾過はしているものの、通常の日本酒よりわざと荒く濾しているので、お米由来の濃厚な甘みが味わえます。

日本酒ブームを牽引したのはスパークリング酒とにごり酒だ、なんて言われているほど甘く濃厚な口あたりで、どぶろくほど癖もないので、日本酒初心者の方でも飲みやすいお酒です。
また、にごり酒よりももう少し濾過させにごりを薄くした「うすにごり酒」もあります。

どぶろく(濁酒)とにごり酒の違いまとめ

どぶろくとにごり酒の大きな違いは、

  • もろみから濾過しているか、していないか
  • 日本酒か、そうじゃないか
  • 玄人向けか、万人受けするか

という3点になります。
見た目からして同じカテゴリのお酒かと思いがちですが、成り立ちや味には結構相違点がありました。

それぞれのお酒の味の特徴を理解して楽しめるようになりたいですね。