日本酒の甘口・辛口は何で判断する?ラベルの日本酒度と酸度を見よう

皆さんは、日本酒の「辛口」「甘口」を意識したことはありますか?
居酒屋だと書いてくれている場所がありますが、自分で買う時って正直判断しづらいですよね。

例えばワインには、裏のラベルに味のバランス等が詳しく書いてありますが、日本酒ってそこまでは書いていないことが多いんです。

では、日本酒の辛口・甘口って、一体どういった指標で判断するのでしょうか。
今回は、そんな疑問について詳しく解説していきます!

日本酒の甘口・辛口は日本酒度と酸度で判断

日本酒の甘口・辛口という基準は、主に日本酒度と酸度という2つの指標から判断されます。
初めて聞いた!という人も多いのではないでしょうか。

私も恥ずかしながら、最近まで聞いたことがありませんでした…。
日本酒は好きなのですが、なんとなく「この銘柄は甘口だから〜」という感じで、感覚で覚えていたんですよね。

意外にも、この日本酒度と酸度って、ラベルにも書いてあったんです。
これを機会に、私もこの2つの指標について調べてみました。

日本酒度とは

日本酒度とは、そのお酒が水より重いか水より軽いかの比重を測る指標です。
ここから日本酒の何が分かるかというと、液体中に含まれる糖の数値です。

日本酒の甘口・辛口は、この糖がどれだけ含まれているのかが判断基準のひとつになります。

日本酒づくりには、米に麹菌を付着させ発酵したことにより出来た糖を、酵母がアルコールに変化させる工程があります。

ここで酵母がよく働けば多くの糖がアルコールに変わるので辛口となり、酵母の働きが鈍ければ糖が多く残るので甘口となります。

もちろんこれらは偶発的に起こるものではなく、職人さんが辛口のお酒か甘口のお酒かによって意図的に仕込みを調整した結果です。
文にするだけでは分かりにくいですが、本当に絶妙なプロの技なんですよ。

酸度とは

辛口と甘口は、糖の多さだけで判断されるわけではありません。
もうひとつの指標として、酸度があります。
これは、名前の通りその日本酒にどれだけすっぱさを感じる成分が含まれているかという数値です。

代表的な酸として、リンゴ酸・リング酸などが挙げられますね。
この酸度が高いほど味にキレを帯びてくるので、辛口寄りとなります。

また、酸度が低ければ低いほど甘口の日本酒というわけなんです。

実はアミノ酸も関係してくる

アミノ酸といえば、お肉や大豆などの食品にもよく含まれてるのを見ますよね。
日本酒にとっても、このアミノ酸は旨味やコクを大きく左右するもの。

アミノ酸の数値が高ければ高いほど甘口寄りの日本酒です。

日本酒の原料によっても甘辛の傾向がある

日本酒の甘口・辛口は、そのお酒の原料によっても左右されます。

「日本酒づくりに使われる材料は全部同じ材料でしょ?」と思う方も多いと思いますが、実はお酒の種類により細かく違ってくるんです。
その差で、甘いか辛いも変わってきます。

吟醸酒、本醸造酒

この2つのお酒は、一般的には辛口が多い傾向にあります。
というのも、吟醸酒と本醸造酒にはお酒作りの過程で醸造アルコールが加えられているからです。

この醸造アルコールは、先述の日本酒度に影響してきます。
アルコールが多いと糖の割合が少なくなるので、日本酒度は辛口寄りのお酒であるということを示すプラスになります。

純米酒

純米酒は、日本酒の中でもシンプルなお酒です。
吟醸酒と本醸造酒のように醸造アルコールが添加されない分、日本酒度も糖の方が多いマイナスに寄る傾向があります。

それは同時に甘口に感じるお酒ということを示しています。
お米本来のふくよかな甘みを感じることが出来るのが醍醐味の純米酒なので、辛口の純米酒というのは製造するのは難易度が高いとのこと。

製造法や原料で、味がこんなにも左右されるのは驚きですね。

日本酒の甘辛は数値や原料で100%判断ができるわけでは無い

ここまで日本酒の辛口・甘口について解説してきましたが、いかがでしたか。

私にとっても、日本酒度や酸度という単語に最近まであまり馴染みが無かったのですが、調べながらなるほどなと感じるところも多かったです。
しかし、日本酒度・酸度などの数値はあくまで参考値なので、必ずしもそこから導き出された結果が100%正しいとは言えません。

そこが日本酒の面白いところではあるのですが…。

それに、もし辛口・甘口でだけ飲む日本酒を選ぼうとしている方がいたら、それはもったいないです。
飲むタイミングや料理とのペアリングで、その時その時で感じる日本酒の味って絶妙に違ってくるんですよね。

何より、人それぞれでも味の感じ方は違います。
ぜひ、まずは色々な銘柄を試しに飲んでみて、自分にとってのお気に入りを探し出してみてくださいね。